大光銀行、ベネフィットステーション、山水電気の仕手株

大光銀行にベネフィットステーションを抱えるパソナグループ、そして上場廃止をしてしまった山水電気は全て東証一部の銘柄ですが、この中で仕手株になりやすい銘柄といえば山水電気が一番狙われやすい銘柄となっていました。
山水電気は上場廃止前までは長らく株価の低迷を続けていて、業績が良くなる見通しもなく株価も10円にも満たない間で推移する銘柄となっていました。

このような銘柄というのはすでに将来性や業績で投資をする人の数というのは限られており、投機目的で投資をする人しかいないため必然的に株価が上昇するときにも、仕手株として上昇する程度となっていたのです。
それではなぜ仕手株としてでも上昇する瞬間があるのかというと、業績が低迷sて株価も落ち込めば時価総額も小さくなり少し資金力がある仕手筋であれば簡単に株価の吊り上げを行うことができるようになります。
元々、山水電気に投資をするような投資家というのは投機を目的としているので上昇の理由が何であろうと、更に上昇があるのではないかと思えば買いを入れることになり更に株価が上昇することになります。
そうして株価が上がっていくとチキンゲーム状態になり、株価が吊り上がっていくことになりますが、すでに山水電気ほどになれば上がる理由が仕手株あるいは投機しか理由がないので適当なところで上昇はとまり、また元の水準へと戻っていき再び次の仕手化が待たれるという状態になっていたのです。
将来性の殆どなかった山水電気というのは、企業としての価値よりも仕手が参入してくるのではないかという価値のほうが大きく、投資というよりも投機的な銘柄となっていたのです。
それに対して大光銀行やパソナグループは業績もしっかりしていて、純粋に投資対象として魅力もあるので仕手株化しにくいものをなっているのです。