株価の変動の大きい仕手株の特徴

仕手株とは、仕手筋が利益を得るために用いる銘柄のことを指します。どちらかというと短期的な取引に適しているもので、ファンダメンタルズによって取引されるのではなく、どちらかというと投機的な対象になりやすいものを指します。株価を操作することによって利益を得ると考えられますが、そのための条件はいくつかあります。

まず、時価総額があまり大きくないことが上げられます。業界のトップ企業などは好まれません。時価総額が小さければ、そこそこの資金を投じるだけで株価をつり上げやすいからです。そのため、低位株などが好まれます。なお、時価総額の大きい銘柄であっても、浮動株比率が低い銘柄なら株価の操作が行いやすいですから、仕手株となることもあります。

次に、空売りが可能であることが条件の一つとなります。上昇してくれば空売りを入れる投資家が増えますが、そこでさらに買い上げることによって踏み上げを誘発することが多いです。ある程度上昇すれば買いを控えて少し下げ、空売りを誘います。空売りが多くなれば踏み上げによる上昇圧力も高まりますから、空売りができることは条件の一つとなるわけです。

優良企業の銘柄は仕手株にはなりにくいという傾向があります。上昇する可能性を持ちながらも、下落する材料もあるというような銘柄が適しています。上昇する材料がなければ売りに負ける可能性があります。逆に、下落する材料が全くないと空売りを誘発することができません。ですから、確実に上がる銘柄も確実に下がる銘柄も仕手株には適していないと考えられます。良い材料が現れることもありながらも、財務基盤があまり安定していない銘柄などが仕手株としては適していると言えるでしょう。